賢く不動産売却!

このサイトでは不動産買取業者の特徴などについてご紹介しております。
買い取りした土地などを買い取り業者がどのように利用するのか、買い取り再販業者を利用するメリットおよびデメリットについて、仲介業者と買い取り再販業者の専任返しについて、不動産の買い取りシステムの中で注意をしなければならない点、そして、買い取り業者でも利益が出ない事があるなど、買い取り業者を利用する前に知識として持っておくべき事をご紹介しております

不動産買取再販業者は何をする?

不動産買取再販業者は何をする? 不動産買取業者は、媒介業者とは異なり仲介手数料を取らずに売却が出来るなど売る側にとって魅力的な業者と言えましょう。
仲介手数料は販売価格の3%に6万円を加算、これに消費税が加わる金額になるので、4,000万円の物件を売却した場合には120万円以上の仲介手数料の支払いが必要になります。
さらに、仲介業者は購入希望者を探す事が仕事になるので、購入希望者が見つからなければマイホームの売却が進みません。
これに対して、買い取りの場合には業者を見つけると同時に売却が成立するので、売却を急いでいる時など安心感があります。
尚、不動産買取業者は、買い取りした不動産を自社販売で売るのが仕事でいわゆる再販業者です。
大きな土地などの場合は住宅を取り壊して、2棟や3棟などの新築一戸建て物件として売り出すケースもあります。

買取再販とは?

買取再販とは? 不動産会社が販売する中古物件には仲介という形態と買取再販という形態の2種類があります。
仲介の場合は売主が個人です。不動産会社は買主と売主の間に入って紹介をする役割を担います。
買取再販の場合は売主が不動産会社です。中古物件を買い取ってリフォームなどをし、買主となる人を見つけて販売します。
売主側から見た買取再販のメリットは早期に売却ができることです。
仲介の場合は購入を希望する個人の買主が見つかるまで売却することができませんが、企業が直接買い取る場合は個人の買主が現れるのを待つ必要がありません。
ただし企業は買い取った後に利益を上乗せして再び販売をしなければならないため、仲介の場合よりも売却の価格が安くなります。
高く売りたい人にとってはあまり向かない形態ですが、少しでも早く売却を済ませたいという人にとってはメリットのある形態です。
買主側からみたメリットはリフォームが完了していて売主がすでに退居しているため、購入後すぐに入居することができることです。
仲介の場合はリフォームがされていない状態であったり、売主が退居するまでにある程度の期間が設けられている場合があります。
そのためすぐに入居ができない可能性が考えられます。すぐに入居を希望する人にとってはメリットのある形態です。

役立つ不動産買取関連リンク

売却・買取物件を募集する不動産会社のサイト

千葉 不動産 買取